白光金属工業の生産体制

TQC品質保証システムの特長

「4M」の小さな変化も鋭敏にとらえ高品質なものづくりにフィードバック。

品質管理のレベルを決める重要な要素が、Man(人)、Mashine(機械)、Material(材料)、Method(方法)の「4M」です。
例えば、オペレーターの交代や、機械設備、材料ロット、また作業手順の変更等に最新の注意を払うとともに、これらの情報を「3H(変化・初めて・久しぶり)ボード」により共有し、不良発生および流出を未然に防止、高品質なものづくりを実現しています。

TQC 高品質保証システムの特長

HAKKO TQC活動

TQC Activity

  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化
  • PDCAサイクルの強化

白光金属工業では、「次工程はお客様」を合言葉に、ISO 9001をベースにPDCAサイクルをスパイラルアップ。スタッフ全員参加のもと、TQC活動に取り組んでいます。
全スタッフが、ISO内部監査員研修を外部機関にて受講修了。「QC七つ道具」(特性要因図、チェックシート、ヒストグラム、散布図、パレート図、グラフ・管理図、層別)により、データを見える化し品質コストを分析。継続的改善により、顧客満足度を高めるシステムを構築しています。
さらに、全従業員を対象としたポイント制の改善提案制度を実施。お客様との密着したコミュニケーションにより、ご要望を生産現場へ素早くフィードバックするとともに、当社行動指針である「5H」対処活動を実施し、業務スキル向上に努めています。

綿密なシミュレーションに基づき、精密な鍛造金型を製造。複雑形状の鍛造品も高品質な仕上がりでお届けします。

「H」を頭文字とする5つの出来事に対処できるよう、スタッフ一人ひとりがつねに業務スキルの向上に努めています。

  • 不意:突発的な出来事
  • 初めて:過去に経験のない出来事
  • 速さ:要求されるスピード
  • 久しぶり:めったにない出来事
  • 変化:4M、法規制の変化

TQC system


定評あるカールツァイス社製の
高精度3次元測定機による精密測定を実施。

室温を約20℃に保った専用測定室を設置し、カールツァイス社製の高精度CNC三次元測定器「DuraMax」を配備。チリやホコリを防いだ環境のもと、超高精度測定を実行することが可能です。


小型高精度CNC真円度測定機を導入し
高精度・高信頼性測定を実現。

東京精密社製「RONDCOM 54DX3」を配備。精密なテーブル回転精度により、信頼性の高い真円度測定を実施。また、オフセット型検出器ホルダ採用により、平面度・平行度・同心度・同軸度・円筒度・真直度・直角度の高精度測定を実現しています。


AI機能付き表面粗さ・輪郭形状複合測定機
により、複雑形状の精密測定が可能。

東京精密社製「SURFCOM 2800G」を配備。表面粗さの測定条件を自動設定するAI機能を搭載し、複雑形状の精密測定を実現しています。さらに、形状合成機能を内蔵。触針の角度によって生じる、輪郭形状測定の解析範囲制限もクリア可能です。


ISOに基づいてTQCを整備し
品質マネジメントシステムを確立。

ISO9001品質マネジメントシステムのもと、HAKKO TQC(Total Quality Control)を整備。仕事の手順や流れを明確化し、業務効率化を推進。また、予防処置やご要望への迅速な対応により、問題再発を防止しています。


材料調達から各工程において履歴を記録。
確実なトレーサビリティーを実施いたします。

材料調達から各工程において、生産過程等を記録し、製造履歴を追跡できるトレーサビリティーを構築、製造部門を挙げて品質向上に取り組んでいます。万一不具合が生じた場合も、責任を明確化でき、要因を分析、改善策を講じることを可能にしています。

お問い合わせ:072-241-1888

白光金属工業の生産体制

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です