熱間鍛造について

取得資格

白光金属工業の取組活動

白光金属工業では、「従業員一人一人が質を高め、『お客様との感動の共感』及び『地球環境保全への貢献』を実現する」を経営理念に掲げ、さまざまな活動に取り組んでいます。
業務関連活動をはじめ、地域貢献、地球環境保全まで、活動分野は多岐にわたります。社員一人ひとりがそれぞれの活動の意義を十分に理解し、社会貢献を果たすべく自主的に参加。お取引先様、地域の皆様、NPO諸団体と共感の輪を広げながら、意欲的に活動に取り組んでいます。

社員の対人能力向上プログラムを実施。

社員のコミュニケーション能力アップを図るために、対人能力向上プログラムを実施。組織マネジメントをはじめ、リーダーシップ、モチベーションを高める方法、問題解決を図るための論理的思考等を修得。仕事の生産性を向上させるとともに、豊かな人間関係を育み、社員がいきいきと働ける職場づくりを推進しています。

全スタッフがISO9001内部監査員外部研修を受講修了。

ISO 9001(品質マネジメントシステム:QMS)要求事項と、その内部監査の目的やプロセス、ポイントをマスターするために、全スタッフが内部監査員外部研修を受講・修了。内部監査員として必要な知識と技能を身につけることによって、QMSを推進し、顧客満足を達成し継続的な改善を図れるしくみづくりを行っています。

資源リサイクル、省エネ、CO2削減等の地球環境保全活動を推進。

鍛造・切削等の金属加工に伴って排出されるバリや金属屑は、回収して再資源化し、資源リサイクルを推進。また、「エコキャップ運動」「プルタブ回収運動」に参加して、職場でごみとして排出されるペットボトルのキャップや、缶のプルタブを回収し、各NPO団体に寄贈しています。この活動を通じ地球環境の改善を図るとともに、発展途上国の子ども達へのワクチン接種や、車椅子贈呈に貢献しています。
そして、工場・事務所内の全照明をLEDに交換し、すべての窓ガラスに遮熱フィルムを取り付け、営業車およびフォークリフトをハイブリッドに変更するなど、省エネ活動を積極的に実施。CO2削減においては、材料加熱エネルギーとして使用しているブタンガスを都市ガスに変更。さらに、営業部門では、材料低減提案による資源の枯渇対応と、材料低減分の製造時に発生するCO2削減量を年次目標に掲げ、達成に向けて活動しています。
これら地球環境負荷を低減させる取組みを、全社員一丸となって積極的に進めています。

災害等に備えBCP(事業継続計画)を策定。

災害等に備え、あらゆるシナリオを想定したBCP(事業継続計画)を策定。社内に緊急時用の水・食料を常備し、避難経路や集合場所を決定。緊急時連絡網を作成し、定期的に避難訓練を実施するなど、各種対策を実行。不測の事態により事業活動が停止した場合でも、重要業務を早急に回復させ、お客様への影響を最小限にとどめられるよう準備を整えています。

コストダウンのためのワーキンググループを開催。

お取引先様との間で、ワーキンググループを開催。互いに現場の知恵を持ち寄りながら、コストダウンや生産性向上について共同研究を行っています。当社の掲げる「共知共栄」、すなわち「共に学び(知識)、共に考え(知恵)、共に豊かになる」を実践する場として、お取引先様との厚い信頼関係のもと研鑽を続けています。

お問い合わせ:072-241-1888

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です