熱間鍛造について

白光金属工業の強み4

圧倒的な生産コスト削減により
熱間鍛造の多品種少量生産が可能。

白光金属工業では、独自のクイックチェンジシステムの構築により、熱間鍛造における多品種少量生産を実現しました。 1000トンプレス機の鍛造工程に外段取りを導入し、ダイセットの交換スピードを大幅にアップ。段取り替え時間の短縮により、最小30個からの極小ロット生産を実現します。


強み1可動式ダイセットの導入により
小ロット生産を実現。

1000トンプレス機の周辺にレールを敷設。ダイセットを大型台車に載せ移動させる外段取り方式を導入しています。この独自のクイックチェンジシステムによるクイックな段取り替えが、頻繁なロットチェンジに威力を発揮、スムーズな小ロット生産を実現します。


強み2ダイセット丸ごと交換により
スピーディーな鍛造生産が可能。

プレス機の稼動中に、次に生産する鍛造金型をダイセットにあらかじめセットアップ。ダイセット・金型を合わせた一体交換により、これまで約半日かかっていた段取替え作業を、半時間~1時間程度で済ませることが可能です。


強み2ダイセットをセットアップ後、
すぐに小ロット生産を実施可能。

待機中のダイセットには、外段取りによりあらかじめ金型をセットアップ。ハンドヒーターで一定温度まで予熱を行っています。そのため、1000tプレス機へダイセット挿入後は、簡易予熱だけですぐに小ロット生産を開始できます。


白光金属工業 ソリューション

生産効率をアップするクイックチェンジシステムにより
最小30個からの極小ロット生産を実現します。

通常の熱間鍛造では、金型等の段取り替え時間ロスを考慮すると1ロット300~500個程度からの生産が一般的ですが、当社では高効率なクイックチェンジシステムの導入により、最小30個からの極小ロット生産を実現します。

  • 流動数の少ない大型の削出し品を鍛造品に切り替え、1ロット30個からの極小ロット生産を実現
  • 1000tプレス機におけるダイセットクイックチェンジ採用により、生産効率約30%向上を実現
  • バンドヒーターでの事前金型予熱により、生産効率約10%向上を実現 etc...

お問い合わせ:072-241-1888

白光金属工業の強み

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です