白光金属工業の生産体制

製造工程フロー

製造工程からムダを省き、生産効率をアップ。高精度かつ高品質な熱間中空鍛造部品を生産。

製造工程から、いわゆる「7つのムダ」─すなわち、①つくりすぎのムダ、②手待ちのムダ、③運搬のムダ、④加工のムダ、⑤在庫のムダ、⑥動作のムダ、⑦不良をつくるムダ─を徹底的に排除。
スタッフの意識改革のもと、全体最適化によるトータルコストの低減に取り組み、生産効率をアップ。高精度・高品質な中空鍛造部品を、お客様のもとへお届けしています。

鍛造部品の製造工程フロー

  • step1:切断真鍮丸棒等の材料を自動丸鋸切断機にセットし、自動的に切断を行います。
  • step2:加熱循環式ガス加熱炉、ガス加熱炉、高周波誘導炉で、材料を加工温度まで加熱します。
  • step3:型打ち鍛造加熱材料をプレス機にかけ、当社独自のダイセットと金型で型打ち鍛造を行います。
  • step4:バリ坂型打ち鍛造によってはみ出した部分を、バリ抜き専用のプレス機で打ち抜きます。
  • step5:表面処理1ショットブラストやホーニングにより、研磨、梨地仕上等の表面処理を行います。
  • step6:切削加工5軸NC複合加工機をはじめ最新鋭切削マシンにより、高速&高精度加工を行います。
  • step7:表面処理2ニッケル・クロム・スズ・銀メッキ、アルマイト処理等の表面処理を実施します。
  • step8:完成品高精度CNC3次元測定器や、投影機等により最終検査を実施し、完成となります。

地球環境問題を考慮し、資源枯渇・CO2削減を目指して
資源リサイクルに積極的に取り組んでいます。

資源枯渇、CO2削減等の地球環境問題が、人類の大きな課題となっています。白光金属工業では、企業の社会的責任(CSR)への取組みの一環として、資源リサイクルを実施。製造工程で発生したバリ、金属屑等を再利用し、限りある資源の有効活用を図っています。

お問い合わせ:072-241-1888

白光金属工業の生産体制

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です