熱間鍛造について

熱間鍛造のメリット

熱間鍛造により複雑な形状の部品製造が可能に。金属組織が緻密で均質になり、高強度化を実現。

熱間鍛造は、金属における「成形」と「鍛錬」の2つの面でメリットがあります。まず「成形」の面では、加熱により金属材料が柔軟になった状態で加工を行うため、複雑な形状の部品製造を行うことが可能となります。

また、「鍛錬」の面では、加熱された状態で打撃を加えることにより、内部欠陥がなくなり、金属の結晶粒が細かくなり、組織が緻密で均質になります。さらに、材料内部に製品の形状に沿った結晶組織「鍛流線(メタルフローライン)」が形成され、硬さ・引張り強度など機械的性質も高めることができます。

■ メタルフローラインの流れ

こうしたことから、熱間鍛造は、歯車やシャフト、高圧バルブ、高圧ポンプ等の、形状が複雑で高強度&高靱性が求められる部品に多く採用されています。

お問い合わせ:072-241-1888

熱間鍛造について

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です