鍛造によるコストダウン方法

鍛造によるコストダウン方法

他の製造方法から鍛造に切り換えることにより、
コストダウンを実現できる方法について解説します。

「現在、鋳造や削出し機械加工等で製造している部品のコストダウンを図りたい」「鍛造化すれば、コストダウンできますか?」と、お客様からご要望を頂きます。鍛造に切り換えることで、コストダウンのメリットが得られるのはどういう場合でしょうか。鍛造の基礎知識を踏まえながら、コストダウンを実現できる方法について解説します。

鍛造の種類Ⅰ(熱間鍛造について)

鍛造化を考える上で欠かせない「熱間鍛造」。鍛造には、その加工温度によって「冷間鍛造」と「熱間鍛造」があり、「熱間鍛造」とは金属材料を赤くなるまで熱した高温状態で行う鍛造方法のことを指します。

詳細解説を見る

鍛造の種類Ⅱ(冷間鍛造について)

熱間鍛造」と並ぶもう1つの鍛造工法、「冷間鍛造」について。金属を再結晶温度以上の高温状態にして加工を行う熱間鍛造に対し、冷間鍛造では材料を加熱せず、常温状態で加工を行います。

詳細解説を見る

鍛造部品の用途について

鍛造部品は、小ねじから自動車用部品、そして発電所等で使われる巨大なタービン軸まで、高強度・高品質を求められるあらゆる産業機器に使用されています。

詳細解説を見る

鍛造化のメリットについて

製造部品の鍛造化によって得られる、「内部品質の向上」「強度の向上」「トータルコストダウン」という3つのメリットについて解説します。

詳細解説を見る

鍛造可能な金属材料の種類Ⅰ(真鍮(黄銅)材・銅材・アルミニウム合金材)

鍛造加工が可能な金属材料の種類について解説します。まずは、鍛造において最も基本的な材料である真鍮(黄銅)材と銅材、アルミニウム材の特徴と用途についてご紹介します。

詳細解説を見る

鍛造可能な金属材料の種類Ⅱ(鉄鋼材・特殊材)

前回に引き続き鍛造加工が可能な金属材料を取り上げます。私達にとって身近な金属のである鉄鋼材、そして優れた特性を備えたさまざまな特殊材の特徴と用途について解説します。

詳細解説を見る

「鋳造」部品の鍛造への切換え

、従来「鋳造」で作られていた製品を、鍛造に切換えるケースを検討します。溶かした金属を鋳型に流し込み、冷やして固める鋳造と、金属に打撃や圧力を加えて成形する鍛造では、強度・精度・コスト等にどのような違いがあるでしょうか。

詳細解説を見る

「削出し機械加工」部品の鍛造への切換え

棒材から目的の形を切削する「削出機械加工」で作られている製品を、「鍛造」に切換える事例について考察します。両者のメリット・デメリットや強度について、どのような差違があるかを見ていきます。

詳細解説を見る

中空鍛造による省切削・省材料化について

中空鍛造による省切削・省材料化について解説します。中空鍛造とは、鍛造による強度向上を活かし、製品の薄肉化を実現する鍛造方法です。中空鍛造では、上下の金型で材料を加圧する際に、成形ピンを差し込むことで中空形状を成形し、形状によって大幅な省切削・省材料化とコストダウンが可能になります。

詳細解説を見る

鍛造による複数部品の一体化成形

製造部品の鍛造による一体化成形について取り上げます。これまで、複雑形状の部品製造にあたっては、複数のパーツに分けて、それぞれを削出機械加工で成形した後、それらを溶接やロウ付けによって接合するといった方法をとっていました。鍛造を使えば、このような一連の工程を、ワンショットで一体成形することが可能となります。

詳細解説を見る

お問い合わせ:072-241-1888

鍛造によるコストダウン方法

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です