アルミ鍛造について

アルミ鍛造の用途

アルミ鍛造は、自動車や航空機、エレクトロニクス機器等、あらゆる産業分野の部品製造に活用可能。

アルミニウムは、鉄や銅に比べて非常に軽量であり、マグネシウム、マンガン、銅、ケイ素、亜鉛等との合金によりさまざまな特性を持たせることが可能です。また、耐食性・加工性がよく、電導性・熱伝導性が高く、気密性の高い部品を製造可能。さらに、磁気を帯びず、光や熱を反射し、無害で衛生的など多様な特性を備えています。

このような優れた特性を持ったアルミを鍛造することによって、強度を高めることができ、自動車や航空機部品をはじめ、バイク部品、空調機部品、エレクトロニクス機器部品など幅広い分野で活用されています。

アルミ鍛造品イメージ

例えば、冷間鍛造では、ハードディスクのモーターハブや、自動車のブレーキ、ピストン、バルブ、ホイール、フランジ等。熱間鍛造では、自動車のスリーウェイジョイント、ダンパスクリュー、ピストン、航空機の窓枠、結合金具、ギヤ-シリンダ等、あらゆる用途に採用されています。

いずれも、アルミ鍛造により部品の強度を高め、軽量化・薄肉化を図ることが可能です。

お問い合わせ:072-241-1888

アルミ鍛造について

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です