熱間鍛造について

アルミ鍛造について

アルミ鍛造とは、アルミニウム材に対してプレス機器等で打撃を加え、成形と同時に鍛錬を行い、高強度・高靱性を得る加工法。

アルミニウムを油圧・水圧・ハンマープレスなどで打撃し、成形と同時に鍛錬を行う加工法をアルミ鍛造と言います。アルミニウム材に対し圧力を加えることで、高い強度と靱性を得ることが可能です。

アルミニウムは軽量で、熱伝導性・電気伝導性や無害性、耐食性、美観など、多くの優れた特性があります。現在、輸送機器・各種機械等のスピードアップや省エネルギーへのニーズが高まる中で、部品の軽量化・高強度化を実現するアルミ鍛造に注目が集まっています。この項では、そうしたアルミ鍛造の優れた特長と優位性等について解説いたします。

アルミ鍛造とは

アルミ鍛造は、常温または再結晶温度以下でアルミニウム材に圧力を加える「冷間鍛造」と、再結晶温度以上で圧力を加える「熱間鍛造」に大別することができます。

冷間鍛造においては、高精度な加工が可能となります。一方、熱間鍛造においては、複雑な形状加工が可能で、さらに、強度・靱性を高めることができ、あわせて省材料・省切削化にも貢献できます。

詳細解説を見る

アルミ鍛造のメリット

アルミニウムは、鉄や銅に比べて約3分の1と非常に軽量で、マグネシウム、チタン等よりも低コスト。かつ、リサイクルコストも低いため、環境負荷低減の上で大きなメリットがあります。

アルミ鍛造によって、引張り強さを高めることができ、部品のさらなる薄肉化・軽量化を実現。衝撃や繰り返し応力にも耐える高強度なアルミニウム部品を作ることができます。

詳細解説を見る

アルミ鍛造の優位性

アルミ鍛造は、他の加工法に対し、強度・靱性の高い部品を製造できることや、材料ロスの削減、加工時間・材料費の削減など、さまざまな点で優位性があります。

その際部品の用途に応じ、必要となる精度や特性とコストのバランスを考慮、最適な工法を選択します。

詳細解説を見る

アルミ鍛造の用途

アルミ鍛造の用途は、真空機器や自動車・航空機部品、バイク部品、空調機器部品、エレクトロニクス機器部品などあらゆる分野にわたります。いずれも、軽量かつ高強度で、高靱性、高耐食性など、高度な要求特性に応えることが可能になります。

詳細解説を見る

さまざまな分野で活躍するアルミ鍛造部品

アルミ鍛造は、軽量かつ高強度なアルミニウムの特性を活かし、さまざまな分野で活用されています。

  • 真空機器部品
  • 自動車部品
  • 航空機部品
  • バイク部品
  • 空調機器部品
  • エレクトロニクス機器部品
  • 光学機器部品  etc…

アルミ鍛造部品は、その他あらゆる業界のアルミニウム部品加工に幅広く採用されています。

お問い合わせ:072-241-1888

アルミ鍛造について

熱間鍛造/アルミ鍛造についてのお問い合わせはこちらから
白光株式会社

白光金属工業株式会社は
白光株式会社のグループ企業です